入れ歯|東大和てらだ歯科 東大和市・桜街道・玉川上水の歯医者 日曜診療も

東京都東大和市立野3-1344-1 ザ・マーケットプレイス東大和2F

042-516-9090

駐車場は施設内で無料

入れ歯denture

目立たずしっかり噛める入れ歯
(ノンクラスプデンチャー)

入れ歯

ノンクラスプデンチャーとは、金属の留め金のない、見た目の自然な入れ歯のことです。

現在、入れ歯をご使用されている方はおわかりかと思いますが、部分入れ歯には、入れ歯が動かないようにするための金具(留め金)が付いています。
この金留め金が見た目上、目立ってしまい、悩まれている方が多くおられます。

入れ歯でのお悩みで多いのが、次の2点です。

  • 入れ歯が合わず、食事のときに痛む。
  • 入れ歯の留め金が目立って、恥ずかしくて笑えない。

東大和てらだ歯科クリニックでも、入れ歯はなんとか使用できるが、『金具が見えてしまうため、どうにかならないか?』というご要望を頂きます。
保険診療の部分義歯の場合、どうしてもこの留め金が存在してしまいます。

上記のお悩みを解決するために東大和てらだ歯科クリニックでは、しっかり噛めて留め金のないノンクラスプデンチャーの製作に力を入れております。
ノンクラスプデンチャーは、留め金の代わりに、プラスチック製の義歯床全体で入れ歯を支えます。
そのため、お口を開けても金具が見えないので、見た目にとても優れています。

さらに、破折に強い素材で歯肉の色調と同化して、目立たないことが今までの部分入れ歯とまったく違うところです。

ノンクラスプデンチャーの原理

ノンクラスプデンチャーは、軟らかい材料が歯や歯肉の凹凸に入り込むことによって入れ歯を安定させております。
金属の留め金より柔らかい素材なので、残った歯への負担が少ないことも特徴です。

ノンクラスプデンチャーのメリット・デメリット

ノンクラスプデンチャーのメリット
  • 留め金がないので、目立たない
  • 留め金がないので、残った歯への負担を軽減できる
  • 歯茎にジャストフィットし、違和感がない
  • 弾力性の高い素材で壊れにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 薄い仕上がりで食事が楽しめる など
ノンクラスプデンチャーのデメリット
  • 保険が適用されないので、治療費がかかる。

クリニック概要Overview

医院名
東大和てらだ歯科クリニック
所在地
東京都東大和市立野3-1344-1
ザ・マーケットプレイス2F
(ヤオコー東大和店内)
診療科目
一般歯科、小児歯科、口腔外科、予防歯科、審美歯科
電 話
042-516-9090
休診日
火曜、祝日
日曜日 9:30~16:30
診療時間
09:30~13:30
14:40~19:30

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。