マタニティ歯科|東大和てらだ歯科 東大和市・桜街道・玉川上水の歯医者 日曜診療も

東京都東大和市立野3-1344-1 ザ・マーケットプレイス東大和2F

042-516-9090

駐車場は施設内で無料

マタニティ歯科maternity

妊娠性歯周炎に要注意

妊娠性歯周炎に要注意

妊娠性歯肉炎とは妊娠中に女性ホルモンの増加とその他の様々な体の変化により発症する歯肉炎です。妊娠中は口腔ケアがしづらくなり、それにより妊娠性歯周炎にかかりやすくなります。
妊娠性歯周炎にかかると歯周病菌が子宮の筋肉を収縮してしまうことがあり、早産や低体重児出産を引き起こしてしまうリスクが高くなります。
このようなことからも妊娠性歯周炎には特に注意が必要です。

妊婦さんと赤ちゃんを守る歯科治療

当院では、妊婦さんと赤ちゃんにやさしい治療を行っております。つわりで気持ち悪くて歯医者に行けない、歯が痛いのに妊娠中なので我慢している、といった患者さんは是非ご相談ください。赤ちゃんへほとんど被害のないレントゲン撮影(ご希望に添えて)、クリーニングにおいてもこまめにうがいをしていただくなど、妊婦さんに出来る限り配慮した治療を行っていきます。
予約の際は、妊娠中であることをあらかじめお知らせください。また、現在どの様な状況であるか、どんな時に気分が悪くなるかなど分かれば、治療前にご質問させていただきますので治療計画の参考にさせて頂きます。

妊娠をすると、ホルモンバランスが変わり心も身体もいつもと違う状態になります。そしてお口の中も変化し、虫歯や歯周病になりやすくなります。

当院では虫歯、歯周病の治療として歯のクリーニングを中心とした治療を行っております。
虫歯の状態によっては麻酔を使用するケースもございますが、妊娠中でも問題のない麻酔を使用しておりますので安心して治療を受けられらます。

お口の環境を良くすることで、妊娠中の健康を守ると同時に、産まれてくる赤ちゃんのお口の健康を守ることにもつながりますので、妊婦さんとともにお腹の赤ちゃんのためにもマタニティ歯科の受診をおすすめします。

マタニティ歯科のQ&A

Q1. 妊娠をしていても歯の治療はできますか?

A1. 妊娠中でも治療はできます。
一般的には安定期(5ヶ月~8ヶ月ころ)に行うことをおすすめします。
ただ、妊娠初期や後期でも急激な痛みがある場合は我慢せずにご相談ください。

Q2. 妊娠中は歯周病になりやすいというのは本当ですか?

A2. つわりやホルモンバランスの変化によって、お口の環境が悪化します。そのため、虫歯や歯周病になりやすくなります。妊娠中の歯周病はお腹の赤ちゃんに悪影響を与えることもありますので適切な治療が必要です。

Q3. 妊娠中のレントゲン撮影はお腹の赤ちゃんに影響ありますか?

A3. 歯科におけるレントゲンはお腹から離れている口元が対象となりますので赤ちゃんへの影響はほとんどありません。撮影時には防護エプロンを着用いただくので、安全性も高まります。
レントゲン撮影をするか否かは、患者様のご希望でお選びいただけます。

Q4. 歯の治療で使う麻酔の影響はありますか?

A4. 当院では虫歯の治療としては歯のクリーニングを中心とした治療です。
虫歯の状態によって麻酔を使用することもありますが、妊娠中でも問題のない麻酔を使用しています。

Q5. お薬は飲んでも問題ないでしょうか?

A5. 歯科で使用する痛み止めなどのお薬は妊娠中であっても比較的安全に使用できます。
当院では薬は痛みの症状の進行具合を見ながら必要最低限の影響の少ないお薬を処方いたします。

クリニック概要Overview

医院名
東大和てらだ歯科クリニック
所在地
東京都東大和市立野3-1344-1
ザ・マーケットプレイス2F
(ヤオコー東大和店内)
診療科目
一般歯科、小児歯科、口腔外科、予防歯科、審美歯科
電 話
042-516-9090
休診日
火曜、祝日
土曜日・日曜日 9:30~15:30
診療時間
09:30~13:30
14:40~19:30

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。